商品画像
肉体 伝統社会における慣習と知恵[image1]肉体 伝統社会における慣習と知恵[image2]肉体 伝統社会における慣習と知恵[image3]
商品名
肉体 伝統社会における慣習と知恵
商品説明
[著者] フランソワーズ・ルークス [監修] 大丸弘 [翻訳] 蔵持不三也 信部保隆
[装幀] 勝木雄二
[発行所] マルジュ社
[発行年] 1983年 1刷
[言語] 日本語 [図版]
[フォーマット] B5|ハードカバー [ボリューム] 246頁
[構成] 1冊 [付属] 函、カバー
商品解説
[コンディション] BODY:VERY GOOD ★★★★☆☆☆ JACKET:VERY GOOD ★★★★☆☆☆
[商品メモ] 図版多数収録
[備考] 版元品切

[コメント] われわれのもっとも身近にありながら、なおもっとも遠い存在とでもいうべき肉体について、その原初的な機能を明らかにし、伝統的肉体を再評価することを意図として、19世紀のフランスの農村社会における様々な肉体習俗を扱い、生物学的・文化的・社会的なものとしての肉体が、労働、世界観、民間暦、しつけ、教育、衣服、祝祭、見世物、疾病、民間施療、夢占い、信仰、呪術、象徴などといった伝統社会を特徴づける慣習や知恵との関わりにおいて、どのような役割を担ってきたか。伝統社会における肉体と、肉体のうちにおける伝統社会 この位相をめぐって、長年にわたる研究成果を世に問い、貴重な図版や俚諺を多数援用しつつまとめられたもの。1978年パリの国立民衆芸術・伝統博物館、その他で企画実現されたテーマ展『人間と伝統社会におけるその肉体』用カタログ“Corps:pratiques et savoirs populaires dans la societe traditionelle”としてまとめられた。

[目次・構成・収録内容]
日本語版への序文
序文(ジャン・キュイズニエール)
緒言
凡例
自然との合一
第1章 日々の労働
第2章 肉体の調和と世界の調和
第3章 
自然から文化へ
第4章 身体の形成
第5章 道徳教育と肉体
第6章 衣服と清潔さ
歓喜における肉体
第7章 祭りの演者として肉体
第8章 過度の肉体
第9章 見世物としての肉体
苦痛と救い
第10章 病気と社会
第11章 民間施療医
第12章 治療法
肉体の解読と豊かさ
解題(蔵持不三也)
参考文献一覧

[図書分類] 社会学・社会現象|西洋史・ヨーロッパ史|民族学・人類学|キリスト教|西洋哲学|医学・薬学|演劇・舞踊・バレエ|倫理学・道徳
[キーワード] BODY(身体)|RELIGIOUS・FAITH|TRADITION|DANCE・PERFORM|FESTIVE・RITE|MAGIC(魔術・呪術)|PLEASURE・DESIRE
[コード] 4896160185

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
6,000円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,480円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK080388
商品価格
6,000円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

RE-STOCK

CLASSIFICATION

KEYWORD