商品画像
レイアウトの法則 アートとアフォーダンス[image1]
商品名
レイアウトの法則 アートとアフォーダンス
商品説明
[著者] 佐々木正人
[ブックデザイン] 鈴木一誌 武井貴行
[発行所] 春秋社
[発行年] 2004年 5刷
[言語] 日本語 図版タイトルカラー、モノトーン|写真、イラスト、CG
[フォーマット] A5|ハードカバー [ボリューム] 245頁
[構成] 1冊 [付属] カバー
商品解説
[コンディション] BODY:GOOD ★★★☆☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
[商品メモ] カラー口絵16ページ収録、カバー縁にイタミあり

[コメント] アフォーダンス(affordance)とは、環境に潜在する多様な行為の可能性であり、環境が備え、動物(有機体)にあたえる意味/価値として、生態心理学を構想したアメリカ合衆国の知覚心理学者ジェームズ・ジェローム・ギブソン(James Jerome Gibson 1904-1979)が、英動詞アフォード(afford)から作り出した造語。本書は、絵画、写真、建築、ブックデザイン、相撲、リハビリテーション、ダンスなどを対象に、「光」「余白」「力」といった観点から再考察し、各分野の専門家たちとの対談をまじえながら、レイアウトの本質を、人やモノの表面の「肌理」に見出す。

[目次・構成・収録内容]
1 レイアウトの法則
 「レイアウト宣言 自然のデザイン原理」
2 光のレイアウト
 「正確に言えば光は見ることができない 絵画とジェームス・ギブソンの視覚論」
 「光の経験 デッサン派 vs. 色彩派」 【鼎談】松浦寿夫・高島直之(司会)
 「包まれる(アンビエント) 写真と視覚」 【対談】畠山直哉
カラー口絵
3 余白のレイアウト
 「小屋の力、街の愉しみ」 【対談】塚本由晴
 「ページとフォーマットの劇場」【対談】鈴木一誌
4 力のレイアウト
 「相撲と無知」
 「リハビリテーション 制御・入れ子・協調のデザイン」
 「生へといたる消滅 ウイリアム・フォーサイスの動き」
結 レイアウトのレイアウト
 「肌理(キメ)と粒(ツブ)」
あとがき
初出一覧

[図書分類] 心理学・精神分析|演劇・舞踊・バレエ|武術・スポーツ・競技|デザイン全般|写真論|建築・土木・環境工学|絵画・版画・平面|美術論・芸術論|認知科学
[キーワード] CONSCIOUS・SENCE|DANCE・PERFORM|ENVIRONMENT|BODY(身体)|VIEW・VISION|DIALOG・DISCUSSION|MATERIAL・SOURCE|RULE(法律・法則)
[コード] 4393360281

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

外部リンク
現在こちらの商品は在庫を切らしております。

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : DOMESTIC

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,480円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品タグ
SOLD OUT
商品番号
BK110178
現在こちらの商品は在庫を切らしております。

BOOKMARK / SHARE

RE-STOCK

CLASSIFICATION

KEYWORD