商品画像
The Golden Bough A Study in Magic and Religion[image1]
商品名
The Golden Bough A Study in Magic and Religion
商品説明
[著者] James George Frazer
[発行所] Macmillan Press [シリーズ] Abridged Edition
[発行年] 1978年 Reprinted
[図版]
[フォーマット] 変型|ソフトカバー [ボリューム] 992頁
[サイズ] 181mm × 111mm ※外寸表示に移行中
[構成] 1冊 
商品解説
[コンディション] BODY:GOOD ★★★☆☆☆☆ JACKET:GOOD ★★★☆☆☆☆
[商品メモ] スレ・ヤケあり

[コメント] 1890年に初版が発行されたジェイムズ・ジョージ・フレイザー(James George Frazer 1854-1941)の『金枝篇(The Golden Bough)』は、イギリス人類学の父と称えられる人類学者エドワード・タイラーの著作に接したフレイザーが、本格的に民族学や民俗学、宗教学や神話学・未開社会の神話・呪術・信仰に関する研究をつづけ、完成までに40年以上とその半生を費やして完成された全13巻から成る大著。金枝とはヤドリギのことで、イタリアのネミにおける宿り木信仰、「祭司殺し」の謎に端を発し、ヨーロッパのみならずアジア、アフリカ、アメリカなど世界各地で見られる様々な魔術・呪術、タブー、慣習など、史料や古典記録、あるいは口伝から収集した夥しい例が示され、未開社会における精霊信仰、宗教的権威を持つ王が弱体化すれば殺し、新たな王を戴く「王殺し」の風習や「類感呪術」、「感染呪術」などの信仰の神話的背景を探った民俗学・神話学・宗教学の基本書として高く評価されている。文献調査による事例収集が中心のフレイザーの研究姿勢は、フィールドワークを重視する研究者からは批判の対象になったが、古代信仰・呪術に関するこれだけの膨大な事例を広く蒐集・総合した例は他になく、そのことだけでも非常に高い資料的価値を持ち、「黄金の枝」をめぐる壮大な物語や、「祭司殺し」の謎を解いてゆく内容は、後のミステリーや幻想文学へも大きく影響している。1890年に初版が刊行された2巻本以降も増補が繰り返され、1900年には3巻本の第2版、1911年に決定版として第3版が11巻本としてまとめられている。さらに1914年には索引・文献目録、1936年には補遺が追加され、この2巻を合わせた全13巻をもって決定版としている。岩波文庫版『金枝篇』(全5巻)の定本にもなっている本書は、一般読者にも広く読まれることを望んだフレイザー自身により、理論面の記述を残して編集された5cm近い厚さの全一巻簡約本。

[図書分類] 民族学・人類学|西洋史・ヨーロッパ史|宗教全般|洋書・輸入品
[キーワード] COLLECTION|FESTIVE・RITE|RELIGIOUS・FAITH|MAGIC(魔術・呪術)
[コード] 0333096290

詳細情報を表示

基本情報のみ表示

海外発送

International Shipping

Please contact us with title or code that you want, your name and address from inquiry form.
We will e-mail you the total costs of your purchase including the shipping cost and tax.
We would accept PayPal payment only.
After confirming payment, we send parcel by JAPAN POST SERVICE soon!

商品価格
1,260円

RELATION

関連商品のご紹介

BOOK : IMPORT

同じカテゴリーのリストを表示する

NEW ARRIVAL

新着商品のリストを表示する

BLOW-OUT PRICE

期限付き特別価格(ウェブショップ注文限定)のリストを表示する

SHOPPING CART

商品点数
0点
合計金額
0円
税込6,480円以上お買い上げで配送無料!国内送料280円(メール便)〜

ADD TO CART

商品番号
BK110842
商品価格
1,260円
注文数量

BOOKMARK / SHARE

LIMITED

CLASSIFICATION

KEYWORD